神へのより正確な認識

投稿者: Ιωνάς 投稿日:

方向転換のきっかけ

隣人を愛することの意味は、自己犠牲で、いやいや隣人に仕えることではない。

そうではなく、この世の人から陰口を叩かれ、見下され、否定される機会や経験を経ることで、私は今までの自分の神への認識が誤っていたことを知り、神をより良く知ることで、信仰を更新するのである。

変化への絶え間ない招待

理想と現実の不和やストレス、不快感の全ては、神による人への、変化することへの招待であると考えられる。

しかし、この招待は、信仰による義認・信仰告白・洗礼などの、信仰の初期段階におけるものに限られない。

天に召されるまでの、まだ先は長いかもしれないその歩みが終わる瞬間まで、不和に遭遇することによる不可避的で受動的な動機から、人は自己変革を余儀なくされ続ける。

カテゴリー: 人間論組織神学

Ιωνάς

基督者

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください