20200919 文句を言わず受け入れる。誰がその状況の発生を許可されているのか。

投稿者: Ιωνάς 投稿日:

身に起きたこと、回りの人間、腹が立つこと、不義が行われていること、これらをすべて甘んじて、受け入れよう。

人は屈辱という釜戸のなかで火によって精錬されるようなものだ。主がこの世からより分けて、認めて下さった者にのみこのような経験が訓練として与えられる。

この世とうまく付き合っていこうと考えることは、神に敵対することである。

カテゴリー: 神学

Ιωνάς

基督者