信仰と自由意志

投稿者: Ιωνάς 投稿日:

特定の宗教が科学的な根拠を得たら、これは宗教ではなくなり、
私たちはこれへの帰依が強要されるであろう。

神はこのような強制ではなく自由意志を尊重される。
私たちは自由意志をもつものとして創造された。
自由意志があるということは善だけでなく、悪も行う可能性があるということである。
この可能性のなかで、善を選ぶことは喜ばれることだろう。

全知全能の存在があるとして、このお方がわれわれに姿を見せず、
その存在への信仰の可能性とともに、疑い・否定の余地をも残していることは、
我々の自由意志を尊重して下さっていることの表れである。

しかし、プラモデルにも設計図があるように、この複雑な生物、地球、宇宙に設計者が
いないと考えることはもはや難しい。
規模が大きすぎて、複雑すぎて、我々の考えなど及ばない。
ニュートンは自分を砂浜で遊んでいる子供のようだと言った通りであろう。

強制でなく、ロボットのようではなく、
自らの自由意志をもって信仰へと至れるということは、感動的なことである。

カテゴリー: 神学

Ιωνάς

基督者

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください